関節痛で悩んでいる方へ コンドロイチンサプリメント比較+口コミ評判

関節痛成分「コンドロイチン」を徹底比較!豊富なコンドロイチン解説コンテンツも参考に!

トップページ > コンドロイチンのネバネバが効く! / 細胞と結合組織の関係は植物と土

最新のヒアルロン酸+グルコサミン+コンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

細胞と結合組織の関係は植物と土

細胞は結合組織によって囲まれています。



結合組織のことをさらによりよく理解していただくために、ここでちょっと植物と土壌の関係を引用して説明したいと思います。

細胞と結合組織の関係は植物と土の関係によく似ています。この場合、細胞を植物にたとえれば、結合組織は土の立場にあります。

植物は土(大地)に根を張り、根を介して土から必要とする養分(カリ、チッソ、リン)を水のたすけをかりて取り入れています。この場合、土中に水分がなければ養分を溶かすことができませんから、栄養を取り入れるわけにはいきません。

砂漠のような乾燥地帯で、植物が茂らないのはこの理由によります。

土は植物の根をしっかり固定し、風雨に耐えられるようにする役目をしています。また、土の間隙は水分を貯えるのに適するようになっております。そして、さらにその組成をみますと腐葉土のような有機質と砂のような無機質からできています。いわゆる土砂を形成しているわけです。

土と砂はその性質から、保水能力にちがいがあるのはご承知のとおりです。大地は大量の雨水を地下水として処理する一方、一定量の固定水を貯える性質をもっています。この両者のあいだはバランスがとれるようになっています。

これと同じような水分調節が結合組織内部でもおこなわれています。これは結合組織にあるコンドロイチン のようなネバネバ物質がその役目を果しているのです。

このようなことから、細胞は結合組織に植えつけられたものとみることができるでしょう。要約しますと、結合組織は土壌と同じ立場におかれているものですから、水分や栄養分を貯えて細胞に送りこむ基本的な組織であります。

細胞に活力をあたえ、スタミナのある体力をかちとるためには、この結合組織を丈夫にしなくてはならないことをご理解されたことと思います。

(続く)

参考にしてみてください。

なおこのように生体に不可欠な結合組織の主成分であるコンドロイチンですが、同じくアンチエイジング成分として人気のヒアルロン酸やグルコサミンと相乗効果があることから、これら3つの成分が同時に摂れるサプリメントが人気です。参考になさってください。

>>>最新のコンドロイチンランキング比較はこちら

最新のコンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

目次

トップページ
コンドロイチンサプリメント口コミ
コンドロイチン辞典
コンドロイチンについて
コンドロイチンでアンチエイジング
コンドロイチンのネバネバが効く!
老化防止にコンドロイチン