関節痛で悩んでいる方へ コンドロイチンサプリメント比較+口コミ評判

関節痛成分「コンドロイチン」を徹底比較!豊富なコンドロイチン解説コンテンツも参考に!

トップページ > コンドロイチンのネバネバが効く! / 3種類の動脈硬化

最新のヒアルロン酸+グルコサミン+コンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

3種類の動脈硬化

動脈硬化は一たんおきると、それをもとに戻すことはなかなかむつかしいものです。

おきないようにすることが大切です。

1.細動脈性動脈硬化症

主として末端の小動脈や細動脈の内膜や中膜部分に変化が起きるものです。

2.中層動脈硬化症

主として中膜部分に変化が起り、脂肪、コレステロール、石灰などが沈着します。できるところは股動脈や上腕動脈などです。

3.粥状動脈硬化症

内膜の結合組織部が厚くなり、コレステロールが沈着し、ひどい時は、カルシウムや硝子様物質が増加して組織が死ぬということもあります。

また、内膜が破れて潰瘍をつくったり、表面に凝血が固着したり、ブイプリンが出て血栓ができ一層内膜を狭くします。

このような場合、中膜の弾力線維がボロポロになります。

できるところは大動脈弓、胸腹部大動脈、総頚動脈、総腸骨動脈などの太い動脈。

さらに脳動脈、肺動脈、心臓の動脈(冠状動脈〉など重要な臓器に栄養を送る役目をしている動脈に起ります。

いづれにしても血管内部が狭くなって、血液の通りが悪くなります。

血管壁が変性崩壊することが、いかに恐ろしいか。



(続く)

参考にしてみてください。

なお体内のネバネバ成分と言えばコンドロイチンですが、同じくアンチエイジング成分として人気のヒアルロン酸やグルコサミンと相乗効果があることから、これら3つの成分が同時に摂れるサプリメントが人気です。参考になさってください。

>>>最新のコンドロイチンランキング比較はこちら

最新のコンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

目次

トップページ
コンドロイチンサプリメント口コミ
コンドロイチン辞典
コンドロイチンについて
コンドロイチンでアンチエイジング
コンドロイチンのネバネバが効く!
老化防止にコンドロイチン