関節痛で悩んでいる方へ コンドロイチンサプリメント比較+口コミ評判

関節痛成分「コンドロイチン」を徹底比較!豊富なコンドロイチン解説コンテンツも参考に!

トップページ > コンドロイチンのネバネバが効く! / ネバネバと体の組織(細胞)

最新のヒアルロン酸+グルコサミン+コンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

ネバネバと体の組織(細胞)

さて、ネバネバ物質=コンドロイチンの本質的な効用は結合組織の働きを旺盛にして、健康維持をはかろうとするものです。

みなさんは、糸状菌や一般細菌を培養することはよくご存じのこととおもいます。この頃は動物やヒトの細胞を人為的に培養することも可能になりました。この場合、栄養をあたえる培養基に特殊の栄養分を加えておかないと細胞が生育しないのです。

この場合、コンドロイチンを混ぜると、細胞の増殖が盛んになるという実験がいろいろおこなわれています。このようにコンドロイチンと細胞は密接不可分の関係にあるのです。

ネバネバは生体=人類のある限り永久不滅の物質なのです。ではコンドロイチンと、私たちの体の仕組みがどうなっているのか、そのことを少し説明しておく必要があると思います。

原生動物などは一つの細胞からできていますから別として、すべての生体は無数の細胞が集まって、成り立っています。

これらの細胞や細胞群はそれぞれ特色をもったかたちや働きをしています。そして、互いに有機的に、かつ一定の使命をもって、無駄のない活動を営なんでいます。そして、一つの生命体として日夜を分けずに活動しているのです。

生物が健康であるためには、その生体を構成しているそれぞれの細胞が、使命を、正しく、しかも責任をもって忠実に実行してくれてこそ、本当の健康が保たれるのです。言いかえますと、すべての細胞が健全であるならば、その生体もまた健康であるということになります。

生体が成長するのも個々の細胞が分裂してその数を増すからです。反対に、ある細胞(器官)が使命をはたさなくなりますと、ほかの細胞(器官)に負担がかかります。それが波及しますと体全体に影響し、ついには生体自身も死の運命をたどるということになります。

ですから、一つ一つの細胞が健康でなければなりません。一つ一つが健全であってこそ、はじめて全体が、全体とは体全部ということになりますが、健康に活動できるわけです。

さて、生体内のいろいろな細胞は形や機能が同じものは互いに集団を形成し、集団としての使命を果たしています。このように類をもって集まった集団を組織と呼んでいます。

いくつかの異なった組織がまた集まり、さらに別の目的達成のために協力しあう集団を臓器あるいは器官と呼ばれるのです。

たとえば、a、b、c、dという細胞があるとしましょう。

a+a+aからA

b+b+bからB

c+c+cからC

という組織が構成されるのです。

そしてこれはさらに、A+B+CからDという臓器や器官が構成されるのです。

(続く)

参考にしてみてください。

なおこのように生体に不可欠な結合組織の主成分であるコンドロイチンですが、同じくアンチエイジング成分として人気のヒアルロン酸やグルコサミンと相乗効果があることから、これら3つの成分が同時に摂れるサプリメントが人気です。参考になさってください。

>>>最新のコンドロイチンランキング比較はこちら

最新のコンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

目次

トップページ
コンドロイチンサプリメント口コミ
コンドロイチン辞典
コンドロイチンについて
コンドロイチンでアンチエイジング
コンドロイチンのネバネバが効く!
老化防止にコンドロイチン