関節痛で悩んでいる方へ コンドロイチンサプリメント比較+口コミ評判

関節痛成分「コンドロイチン」を徹底比較!豊富なコンドロイチン解説コンテンツも参考に!

トップページ > コンドロイチンのネバネバが効く! / 疼痛/腎炎

最新のヒアルロン酸+グルコサミン+コンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

疼痛/腎炎

さて、痛みが主な症状となる病気といいますと、腰痛、五十肩、神経痛、関節リウマチ、偏頭痛などをあげることができます。

コンドロイチン硫酸はこれらの疼痛に効果がありますが、アスピリンのような鎮痛消炎剤の効きかたとは作用がちがいます。

6.腎炎

腎臓の働きは血液の中の不必要な成分を、水分とともに濾過し、必要な物質は再吸収して、最後は尿として排せつします。つまり選択性のある濾過器です。

その濾過作用をする部分を糸球体と呼びます。

糸球体は一日に約1,800リットルの水を濾過します。タンパク質や赤血球のような大きな分子のものは通過できないのですが、水や食塩、ブドウ糖、尿素や尿酸のような小分子のものは自由に通過することができます。

そして櫨遇された水分やブドウ糖のような身体に必要なものを、膀胱を入る途中の尿細管で再び吸収し利用します。

腎臓病には急性のものと、慢性のものとがあります。原因をみますと、たとえば扇桃などに悪い細菌がつきますと、その菌から出る毒素と抗体との結合物が糸球体に沈着します。それによって炎症が起り腎炎となることがあります。

毒素自身が腎炎を起すこともあります。

また、糖尿病が長く続いたり、高血圧のために腎臓の細動脈が硬化し血流障害が起った時、大出血、重い心筋硬塞、重いヤケドの時、誤って睡眠剤や腎臓を害する薬物を大量に服用してしまったり、大手術のあとや、水分を長期にわたって制限したあとなどでも腎障害が起ります。

(続く)

参考にしてみてください。

なおこのような疼痛に良い効果のあるコンドロイチンですが、同じくアンチエイジング成分として人気のヒアルロン酸やグルコサミンと相乗効果があることから、これら3つの成分が同時に摂れるサプリメントが人気です。参考になさってください。

>>>最新のコンドロイチンランキング比較はこちら

最新のコンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

目次

トップページ
コンドロイチンサプリメント口コミ
コンドロイチン辞典
コンドロイチンについて
コンドロイチンでアンチエイジング
コンドロイチンのネバネバが効く!
老化防止にコンドロイチン