関節痛で悩んでいる方へ コンドロイチンサプリメント比較+口コミ評判

関節痛成分「コンドロイチン」を徹底比較!豊富なコンドロイチン解説コンテンツも参考に!

トップページ > コンドロイチンのネバネバが効く! / 疼痛/難聴

最新のヒアルロン酸+グルコサミン+コンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

疼痛/難聴

さて、痛みが主な症状となる病気といいますと、腰痛、五十肩、神経痛、関節リウマチ、偏頭痛などをあげることができます。

コンドロイチン硫酸はこれらの疼痛に効果がありますが、アスピリンのような鎮痛消炎剤の効きかたとは作用がちがいます。

8.難聴

難聴の中には音を感じる神経機構に故障があって起る場合があります。

音波が鼓膜を振動させ、その振動が中耳を経て内耳に伝わり、内耳の神経が脳の聴覚中枢に連絡して「聞え」を感じる仕組みになっています。

・音響外傷性難聴 : 爆発音を近くで聞いたり、あるいはそれ程大きな音でないが、連続して騒音環境下で働いていたりすると起きるのがこの音響外傷性難聴です。一種の職業性難聴といえます。

・ストマイ難聴 : 抗生物質であるストレプトマイシンを長期にわたって服用したときに起きることがあります。

・神経性難聴 : 内耳には、音を感じとる聴神経と、からだの平衡を保つための平衡神経とがあります。これらの神経組織の障害によって起こる難聴です。

・メニエール病 : フランスのメニエールという人が発見した内耳の病気です。原因はよくわかっていませんが、急に目まいがして耳の聞えが悪くなります。目まいが強くなると吐き気をもよおし、吐くこともあります。

コンドロイチンは、これらの病状に対して有効であるとされていますが、作用機序はまだ十分に明らかにはされていません。

(続く)

参考にしてみてください。

なおこのような疼痛に良い効果のあるコンドロイチンですが、同じくアンチエイジング成分として人気のヒアルロン酸やグルコサミンと相乗効果があることから、これら3つの成分が同時に摂れるサプリメントが人気です。参考になさってください。

>>>最新のコンドロイチンランキング比較はこちら

最新のコンドロイチンサプリメント比較をお届けしています。最新のランキングはこちら

サプリメントランキング+口コミ

目次

トップページ
コンドロイチンサプリメント口コミ
コンドロイチン辞典
コンドロイチンについて
コンドロイチンでアンチエイジング
コンドロイチンのネバネバが効く!
老化防止にコンドロイチン